AQUSILとは|住宅給水管洗浄や水道管清掃はアクシルに

AQUSILとは

水と人との大切な繋がり

水と人との関係と吸収率の良い水とは?

現代人は水、特に飲料水の安全性やおいしさに敏感になってきました。そのため、以前ではあまり一般的でなかった家庭用のウォーターサーバーや、コンビニなどでも気軽に買えるペットボトルの飲料水も広く利用されるようになっています。しかし、まずは家庭の蛇口から出てくる水道水自体が安全でおいしいものであることが大切です。水は人の生命にとって不可欠なものです。さらに体内に充分に吸収され、健康を作っていくものですから、水と人は切っても切り離せない関係だと言えます。

一方、水ならどんな水でも同じように体内に吸収されるわけではありません。水の吸収率は水によって異なり、つまり吸収されやすい水とそうでない水があるのです。一般に水の分子、クラスターが小さいほうが体内への吸収率が良いとされています。また、ミネラルを含んでいるもの、源泉にこだわっているものなど、今ではさまざまな水が手に入る時代となりました。このように水の選択肢は増えましたが、水を日常的に摂取するには何と言っても自宅の水道から出る水が、一番手軽で、飲みやすいものではないでしょうか。今では全国的に浄化設備も高度なものになり、安全でおいしい水が各家庭で利用できるようになりました。ところが、その水も水道管の汚れなどによって影響を受けることがあります。そうなると体内への吸収率も落ちてきます。人が生きていく上で不可欠な水を、安全で吸収率の高いものに保つには水道管の洗浄が必要となってきます。
今では定期的に業者による洗浄を行っているマンションなどもたくさんあります。その際に薬品をいっさい使用せず、水だけのアクシル工法で洗浄を行う施工業者も茨城県から全国に広がっています。
水と人との関係は、生命、健康そのものだとも言えます。薬品を使わない洗浄で、おいしく安全な水を飲みたいものです。

水道管の赤錆対策の実証例

長年使っている水道管は、経年劣化で酸化し、錆を発生します。これが赤錆と言われる現象です。酸化の程度によって異なりますが、悪化すると水の色が赤茶色に変わります。錆の元になるのは鉄です。錆が混ざることにより、水の味も鉄臭くなります。見た目にはわからない程度であっても、微粒な錆は混ざっています。水道水に錆が混ざっていると多くの鉄分を摂取することになります。鉄分は通常の食事などでも含まれている成分です。

ただし、過剰に摂取した場合には体に悪影響になります。摂取量によっては、下痢などを症状を起こします。赤錆を除去するためには専門の業者による給水管などの洗浄対策が必要です。最新の方法(AQUSIL工法-アクシル工法ー)では、薬品や器具など使用せず、水と空気だけで洗浄する対策方法があります。

水が満たされた配管内にコンピュータ制御された圧縮空気を送り込みます。次に圧縮空気によって強弱がつけられた水圧と泡のはじける衝撃が発生して錆を取り除きます。配水を止める必要もないため短期で施工が完了します。

また、施工後に残留するものがないためすぐに使うことができます。この方法で配管内を洗浄した場合、直後に給水される水が実証例となります。洗浄後の水は、多くの錆や不純物が含まれています。
あまりの赤く変色した水や不純物の多さに驚くはずです。それだけのものを毎日気がつかないで口に入れていたのかと思うと心配になります。きれいになった水をみると洗浄の大切さを感じざるを得ないでしょう。

給水管・水道管洗浄は、薬品を使用しないAQUSIL-アクシルー

水に恵まれた国「日本」の”水と人”について

人間にとって生きていく上で、欠かせることのできない水。
幸い、我が国は水道整備が整っているため、蛇口から出てくる水をそのまま飲んでも問題なく過ごせる、恵まれた環境でいます。まさに、『水と人』は切っても切れない間柄なのです。では、日本の『水と人』について考えていきましょう。

戦後、廃墟からスタートした日本はGHQの指導の下、一国家として発展していきました。高度経済成長期を迎え、人々の生活も安定してきて、戦前から活用してきた井戸水や、水道水を主な生活水として多用してきました。この時点で、ほかの発展途上国よりも恵まれた環境と言えるでしょう。時代はその後、バブル時代を経て平成不況に入り、経済面での不安が漂いますが、その頃から、革新的な商品が並び始めます。『ミネラルウォーター』です。それまで我々は、水道から出てくる水を普通に飲んでいて、問題はありませんでした。(今でも問題はありませんが)よりおいしい水を提供しようとする飲料メーカーが、足並み揃えて開発し始めたのが『ミネラルウォーター』や『天然水』です。

水道水を飲み慣れていた人たちにとって、初めてのこの類の水を口にしたとき、『うわっ、味がしない』と感じた人も多かったでしょう。最初は艇庫遺憾の強い商品でしたが、徐々に市民権を得るようになり、気が付いた時には、若者が、主婦が、決まって買うようになりました。コンビニでは完全に販売スペースが変わり、購入しやすく陳列されています。欧米諸国に比べると、ミネラルウォーターの導入は遅れていますが、現代では当たり前のように、飲料水としてはもちろん、料理にも使われるようになりました。それだけ、水に恵まれた我が国には、美味しくてキレイな水が存在するのでしょう。

そんなキレイな水も給水管が汚れていては意味がありません。自身やご家族の健康の為にも定期的な給水管の清掃はおススメです。

2 / 10123...510...LAST »